2016年07月04日

海外タッチパネルVDB-100 AEGIS バージョン TELE-PAD

VDB-100/VDB-1000シリーズは、自分が知っている限りで4種類が存在します。

・VDB-1000 国内モデル
・VDB-100 海外モデル
・VDB-100 AEGISバージョン
・VDB-1000 MICRONTA

今回は初期タッチパネルデータバンク 海外バージョンVDB-100のAEGISバージョンご紹介です。
DSC_2728.jpg
型番 不明 (ベースはVDB-100A-1)
名称 THE AEGIS TELE-PAD
定価 不明
モジュール番号 658
電池 CR2016
販売期間 1993年〜?

ややこしい説明ですが、初期タッチパネルVDB-1000の海外モデルがVDB-100です。
その海外モデルVDB-100を、AEGISブランドとして発売したものです。
DSC_2729.jpg
モジュール自体はVDB-1000/VDB-100と共通ですので、基本性能は全て共通です。
・スクリーンタッチデータバンク
・テレメモ機能 最大120件
・スケジュール機能 最大120件
・メモ機能 最大120件
・シークレット機能
・ワールドタイム 24ゾーン
・8桁計算機能
・時刻アラーム
・時報
・ストップウォッチ
・フルオートカレンダー
DSC_2727.jpg
VDB-100との違い
・裏蓋がAEGISのロゴ
・フロントボディには上部に「AEGIS」「TELE-PAD」 とプリント有り
DSC_2730.jpg
ベルトやモジュールなどは共通です。
自分が所有しているAEGISデータバンクは、前オーナーが93年にNYの大型家電販売店にて購入。
90年代後半に日本のカシオにてメンテナンス依頼をしたところ、作業受付してくれたそうです。
(タッチパネル全て交換してもらったそうです)

恥ずかしいながら、AEGIS ブランドに知識がありません。
海外個人サイトの情報によると、1990年代にDamarkというカタログショッピング会社が、
イージスブランドとして腕時計を販売しました。
一部カシオをベースとして、ボディなど外部にデザイン変更を加えて販売していたそうです。
ベースのVDB-1000は1991年発売ですが、このAEGISバージョンは1993年に発売されたそうです。

Damark International Inc.
1986年設立。通信販売の会社。1987年からカタログ郵送開始。

現在は海外サイトで検索してみると、obrismorganのホームページに、コレクションとしてAegisが存在しておりました。無関係でしょうか?
DSC_2872.jpg
当時の付属マニュアル(英語)です。
12種類写真に写ってまして、写真の右側にタッチパネルが写っています。
どうやらカシオの腕時計などをOEMとして、AEGISブランドから発売されていたようですね
(eBayでAEGIS と検索すると少しですが数種類の腕時計が出品されていました)
DSC_2873.jpg
名称はTELE-PADだったようです。

自分の所有・・・1本(中古1本)
レア度・・・☆☆☆☆☆☆☆☆ 8/5つ(個人評価)
eBayでは5年に1回ぐらい、突然出品されている事があります。
日本のオークションでも5〜10年に1回ぐらいでしょうか。
それぐらい鬼レアのデータバンクです。

DSC_6349.jpg
この4機種を並べる事が出来ると達成感があります(笑)
web拍手 by FC2 posted by clema at 08:00 | Comment(0) | データバンク海外モデル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。